ブレーキアジャスター2016年06月05日 21:13

1/32では結構ポピュラーにブレーキ調整を使用します。

特にマグネットカーではマグネットで急激にブレーキが掛かるのを防ぐ為に必須。
ノーマグでも車重の小さい1/32では過度なブレーキが効きます。
ましてやロング缶などは大きなトルクがあるので尚更ですね。

そういうときには適正にブレーキが効くように、ブレーキを甘く調整するのがブレーキアジャスターです。

1/24は車重がありますし、ギヤ比調整ができるので、一般的にはフルブレーキが前提です。


今回は、1/32のお客様よりご依頼頂き、外付け用のブレーキアジャスターを製作。
最大が50Ωにしてあります(お客様ご依頼)。

最近のコントローラ(特に電子コン)はブレーキ調整が標準装備の場合が多いですが、
それでも大きく変化させることはできない場合が多いです。
オーム数が大きければすべて賄えるというものではなく、ボリュームは一般的に270度の回転範囲が有って、50Ωの場合はこの270度の範囲で0~50Ωを調整するわけで、1・2Ω程度のファイン調整は難しくなります。この場合、最大が10Ω程度までのものが有効です。
というわけで、大きいオームを使用するときに付け足す為の外付け用というわけですね。
外付けにすれば多くのコントローラに流用もできます。

品物はこんな感じです。
コントロールBOXの赤端子とコントローラの赤ワイヤーの間にこれを中継します。


本体はこんな感じです。
時計回りにするとフルブレーキ側です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zinkracing-oilyboy.asablo.jp/blog/2016/06/05/8103636/tb